FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

文学フリマ来場ありがとうございました!

いかがお過ごしでしょうか、読書クラブ八転七起です。
先日の文学フリマではお買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。
おかげさまで追加印刷していたユートリノもほぼ完売、ゆとりんもまずまずの売れ行きとうれしい悲鳴を上げております。前回のコミケで自分のものまで売ってしまった私としては、また手元に残らないんじゃないかと内心冷や冷やしておりました。
また、参加者の方々にはご迷惑をおかけしたのではないかと思います。今後も迷惑をかけてしまうかも知れませんが、あの文フリのみんな本や物語が好きなんだと感じられる空間が好きで、また参加したいと思っていますのでその時はまたよろしくお願いします。

さて、11月4日は文フリでしたが、本読みとしては非常に魅力的なイベントもその日にありました。
神田古本まつりです。
その前の週の土曜日から開催されており、靖国通り前の道にずらりと古本が並びます。最後三日間は神保町ブックフェスティバルも行われ、出版社各社がさくら通り・すずらん通りにワゴンを並べ、新本がお安く、またはサイン本として売られておりました。
東京理科大学神楽坂キャンパスからですと徒歩でも神保町まで20分程で行くことが出来、それもあって何度も足を向けておりました。…ど、読書クラブの編集作業があった場合は当然優先しましたよ?ただそれ以外の用事で行けないこともあっただけで…。
それで紹介がてら、どのような本が買えるかという例として私が買った本を一冊一冊紹介しようかと思いましたが、ちょっと多すぎるのでいくつか。
「秋風の歌」若山牧水 初版
特選古書即売会で買いました。今回買った中で大物中の大物です。
近くにありました、中井英夫「とらんぷ譚」初版サインありとどちらにするか真剣に悩みましたが、やはりその魅力にあらがいがたく購入しました。なんたって牧水、しかも大正三年刊行です。手を付けるのもためらわれて、恐る恐る少しずつ読んでおります。
「中井英夫全集[2]黒鳥譚」「虚無への供物」中井英夫
とらんぷ譚買わなかったので、代償行為的に購入。中井作品はいくつか読んでいて、面白かったので楽しみです。
「モンスターの眠り」エンキ・ビラル
三冊千円コーナーで二冊もってた友人に無理矢理押しつけて買った一冊。フランスの漫画です。もちろん日本語訳。独特の雰囲気があり、一読しただけではちょっと分からない所もあるので少し時間を空けてまた読もうと思っています。
「切腹論考」八切止夫
タイトルでノックアウトです。こんなもの見たら買うしかないじゃないですか。目次を見ると他にもやくざやどろぼう、怪奇や忍術などいかがわしい内容にあふれています。今後ネタに使うかもしれません。
「アイヌ神謡ユーカラ」篠原昌彦
中学時代、「シャクシャインの蜂起の台詞は?」という社会科教諭の鬼畜問題にほぼ正答を出すぐらいにはアイヌ文化が好きでして(尚、あまりの理不尽さにこの問題はなかったことに)。発音はどんな感じか考えながら音読すると、いつまでも読んでいられる気さえします。ちなみに虚無への供物にもアイヌが出てきて思わず笑いました。
とりあえずこんなところでしょうか。ちなみに「集合と位相」斉藤毅といった理学書、ユリイカ西尾維新増刊号なども買っております。
値段も上は5500円から下は4冊100円まで。来年もありますのでぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
以上、八転七起でした。
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

東京理科大学 読書クラブ

東京理科大学 読書クラブ
主に小説の批評、部誌の制作を行っています。活動は月に数回、そこで読書会(小説の批評)、部会、創作活動を行います。
また、文学フリマ、コミックマーケットで部誌を販売しています。メンバーは約40人。Ⅱ部生が多いですが、Ⅰ部生も近年増えております。


【公式サイト!】
→こちら←
リニューアルしました!!

部員募集中!!
見学希望などは
↓から連絡下さい。

メールフォーム

Twitterもよろしく!

カウンタ

2012/10/25~
再カウントしはじめました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。